スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Epilogue:Nineteen Years Later

(エピローグ:19年後)

◎ページ数
p.753~p.759(7ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ジニー、息子や娘たち

◎ストーリー
ハリーたちは幸せな結婚をしました、あれから19年後の今日は
9月1日。子供たちがホグワーツに向かう日です。スリザリンに
入れられたらどうしようと不安がる息子にハリーは、もしお前が
どうしてもグリフィンドールに入りたければ、お願いしてみたら?
組み分け帽子は考慮してくれる、父さんもそうだったよと優しく
答えます。~fin~

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
スポンサーサイト

7-36 The Flaw in the Plan

(計画のほころび)

◎ページ数
p.724~p.749(26ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ヴォルデモート、ベラトリックス、ハグリッド、
マクゴナガル、ネビル、ロン、ハーマイオニー、ダンブルドア

◎ストーリー
ハリー・ポッターは死んだ!…と思ったヴォルデモートは歓喜し、
ホグワーツに降伏を迫ります。しかし、ネビルの抵抗を皮切りに、
激しい戦いが再開され、ついにハリーは宿敵と対決。分霊箱を
すべて破壊され、最強の杖の信任も得られていなかったヴォルデ
モートは自分の放った死の呪いにより、永遠に葬り去られます。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

7-35 King's Cross

(キングスクロス駅)

◎ページ数
p.705~p.723(19ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ダンブルドア

◎ストーリー
ハリーが気づくと真っ白な世界にいました。キングスクロス駅に
似ています。すると、そこにダンブルドアが歩いてきて、二人は
話します。ヴォルデモートとハリーの関係、杖のこと、死の秘宝
のこと…全ての疑問が語られていきます。そしてハリーは現実の
世界に戻る決心をします。そう、ヴォルデモートを倒すために。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

7-34 The Forest Again

(再び森へ)

◎ページ数
p.691~p.704(14ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ネビル、ジェームズ、リリー、シリウス、ルーピン、
死喰い人たち、ヴォルデモート

◎ストーリー
自分は死ななければならない、分霊箱をすべて破壊するまでの
命だったのだと聞いて、ハリーは虚脱感に襲われます。でも、
やるべきことをしなくては…と立ち上がり歩みます。スニッチが
開き、蘇りの石から現れた両親たちに守られながら、森の奥へ。
そして、抵抗することなくヴォルデモートの殺人呪文を浴びます。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

7-33 The Prince's Tale

(プリンスの話)

◎ページ数
p.659~p.690(32ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ヴォルデモート、スネイプ、ダンブルドア

◎ストーリー
ハリーは校長室に行き、ペンシーブに、スネイプから受け取った
「記憶」を入れて再生します。スネイプはハリーの母・リリーに
思いを寄せていました。でも、彼の行動がもとで彼女はヴォルデ
モートに殺されてしまいます。後悔した彼はダンブルドアと協力し、
彼女の息子のハリーを守るために、いろいろやっていたのです。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。