スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-38 The Second War Begins

(第二の戦いが始まる)

◎ページ数
p.845~p.870(25ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ジニー、ルーナ、ネビル、
スネイプ、マクゴナガル、ハグリッド、マルフォイたち、
不死鳥の騎士団、ダーズリー一家

◎ストーリー
新聞がヴォルデモートの復活を報じます。ダンブルドアは役職に
復帰し、ロンやハーマイオニーたちも元気に。ハグリッドも戻り、
アンブリッジは城を追われます。でも、シリウスとはもう二度と
会えないのです。ホグワーツでの1年が終わり、沈んだ気持ちで
ダーズリー家へ戻るハリー。しかし不死鳥の騎士団は彼の味方です。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
スポンサーサイト

5-37 The Lost Prophecy

(失われた予言)

◎ページ数
p.820~p.844(25ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ダンブルドア、歴代校長の肖像画

◎ストーリー
ホグワーツの校長室に戻ってきます。ダンブルドアはシリウスを
失って暴れるハリーに、全てを話します。ハリーには隠心術が
必要だと思った理由、今夜の事件に関するクリーチャー、スネイプ、
シリウスの行動、そして、ハリーを大事に思うがゆえに、
これまで伝えることができなかったという「予言」のことも…

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

5-36 The Only One He Ever Feared

(彼が唯一怖れた人物)

◎ページ数
p.807~p.819(13ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ベラトリックス、ヴォルデモート、ダンブルドア、
コーネリアス・ファッジ

◎ストーリー
父と慕うシリウスを殺されたハリーは、ベラトリックスを追いかけ、
中央大広間で決戦となります。そこにヴォルデモート卿が登場。
ハリー危うし! 間一髪、ダンブルドアが間に合い、一騎打ちに…
激しい戦いの末、闇の帝王は逃走します。そして、魔法省大臣は
やっと真実を認めざるをえなくなりました。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

5-35 Beyond the Veil

(ベールの向こうへ)

◎ページ数
p.781~p.806(26ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニー、ルーナ、
ルシウス・マルフォイをはじめ12人の死喰い人たち、
シリウスをはじめ5人の不死鳥の騎士団のメンバーたち

◎ストーリー
突然、12人もの死喰い人が現れ、「その玉を渡せ」と迫ります。
その中にはハリーとヴォルデモートに関する予言が封じ込めてある
というのです。ハリーたちは抵抗を試みるも、追いつめられます。
そこへ騎士団のメンバーが来て、壮絶な戦いを繰り広げますが、
予言の玉は割れてしまいます。そしてシリウスもベールの彼方へ…

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

5-34 The Department of Mysteries

(神秘部)

◎ページ数
p.764~p.780(17ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニー、ルーナ

◎ストーリー
ハリーたち6人は、セストラルに乗って、ロンドンに飛びます。
そして魔法省の神秘部まで急いで降ります。そこには変なものが
置いてある部屋がたくさんあります。そして、ついに、夢で見た
場所を見つけるのですが、そこにはシリウスも誰もいません。
ラベルのついたガラス玉があるだけです。ハリーが手に取ると…

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。