スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4-37 The Beginning

(はじまり)

◎ページ数
p.716~p.734(19ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ハグリッド、ダンブルドア、
フレア、クラム、マルフォイ、フレッド&ジョージ

◎ストーリー
別れの宴で、ダンブルドア校長は、生徒たちにヴォルデモートが
復活した事実を明かし、セドリックの死を忘れず、絆を大切にせ
ねばならぬと訓示します。親元へ戻る汽車の中で、ハリーは仲間
たちと語り合い、宿敵マルフォイやリタたちをやっつけます。
選手権の賞金は、フレッドとジョージにあげることにしました。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
スポンサーサイト

4-36 The Parting of the Way

(分かれ道)

◎ページ数
p.692~p.715(24ページ)

◎主な登場人物
ダンブルドア、ハリー、シリウス、マダム・ポンフリー、
ウィーズリーおばさん、ビル、ロン、ハーマイオニー、
コーネリアスファッジ、マクゴナガル先生、スネイプ先生

◎ストーリー
ハリーが医務室で一休みして目覚めると、大変なことが起こって
いました。魔法省大臣ファッジが護衛で連れた吸魂鬼がクラウチ
Jrに死の接吻をし、ヴォルデモート復活の生き証人が失われた
のです。ダンブルドアは、ファッジに事態を認めて備えようと
勧めますが、保身を優先する彼は協力を拒み二人は袂を分かちます。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

4-35 Veritaserum

(真実薬・ベリタセラム)

◎ページ数
p.670~p.691(22ページ)

◎主な登場人物
ハリー、ダンブルドア、マッドアイ・ムーディ、スネイプ、
マクゴナガル、ウィンキー

◎ストーリー
ムーディは、ハリーを病院につれていくふりをして、自分の部屋に
連れていき、いろいろ尋ねますが、「俺は闇の帝王に忠実だ」
などと言い出します。実は、この男、ムーディになりすました
クラウチの息子でした。ダンブルドアがやって来て偽ムーディを
ふっ飛ばし、真実薬を飲ませて、すべてが明らかになります。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

4-34 Priori Incantatem

(先行呪文)

◎ページ数
p.659~p.669(11ページ)

◎主な登場人物
ワームテール、ハリー、ヴォルデモート、死喰い人たち、
セドリック、フランク、バーサ、ハリーの両親

◎ストーリー
ヴォルデモートは、決闘という形で、ハリーを殺すつもりです。
二人の呪文が空中でぶつかり合うと、杖が金色の光の糸で結ばれ、
ヴォルデモートの杖の先から、次々と殺された人たちが、姿を
現します。ハリーは彼らの言葉に従い、セドリックの遺体を
連れて、優勝杯に触れ、ホグワーツに逃げ帰ることに成功します。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。

4-33 The Death Eaters

(死喰い人たち)

◎ページ数
p.644~p.658(15ページ)

◎主な登場人物
ヴォルデモート、ハリー、ワームテール、死喰い人たち

◎ストーリー
見事に復活を遂げた自らの体を撫でて満足そうなヴォルデモート。
そこへ、彼の支持者であるデスイーター(死喰い人)たちが馳せ
参じ、ひざまづきます。ヴォルデモートは、彼らを叱責しますが、
忠実な下僕は称賛し褒美を与えます。そして、求めに応じ、失脚
してから復活するまでの一部始終を、とうとうと話すのでした。

※よろしければ、感想をコメントしてください。
質問がありましたら、メルマガに返信してお寄せください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。