スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリポタを原書で読む企画の概要

読者さんから、次のようなメッセージをいただきました。

> Google検索より来ました。
> ハリーポッターを英語で読もうと思い、
> アメリカ訳版を購入後このブログに辿り着きました。
> 英語でハリーポッター、ひいては他の洋書を読めるよう、
> この企画に参加してみたいと思いました。
> どのように進めるのかとても興味があります。

ありがとうございます。

進め方としましては、
ステップ1)必要なものを揃えていただきます
ステップ2)読み方のコツ・注意点をお伝えします
ステップ3)実際にハリポタを読みましょう

目安の期間としては、3週間
(1ステップ1週間として)

徹底的に個別サポートさせてもらいますので、
いま、英語コンプレックスがある方でも
絶対に読めるようになります。

他の洋書も読めるようになりますし、
リーディングと同時に、スピーキング、リスニング、
ライティングの力、語彙力の向上にもつなげられる
方法です。

ですから、ある程度、洋書を読んだ経験のある方でも、
お役に立つかと思います。

また、英語教育にたずさわっている学校や塾の
先生にもご参加いただければ、大変うれしいです。

参加費用は無料(今だけ)です。

ご興味があれば、メルマガに返信してください。
ブログに非公開コメントを下さる場合はメールアドレスを
お書き添えくださいね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ (←にほんブログ村 ランキング参加中)
スポンサーサイト

ハリポタは最高の教材!

「ハリポタ英語プロジェクト」について、参加ご希望や
ご質問等のご連絡が数名の方からありましたが、
熱いプロジェクトにしたいのでもう少し(10人以上)
集まってほしいと勝手ながら思います。

そうしましたら、たくさんのお声を頂戴し、いいものに
していくことができるからです。

説明不足で、大部分の方には、想いをうまく届けられず、
分かりづらかったと思います。すいませんでした。

このまま無理に開催しても期待外れと感じられてしまうかも
しれないので、もう一度ていねいに説明させてください。


私は、ハリポタの原書をまだ日本語版が出ていないころに
全巻読みました。その後も何回か読み直しています。

そこで得た思いは「ハリポタは最高の教材!」だということ。
理由は3つあります。詳しくお話しますね。

その1)ちょうどよいレベル
ハリポタの読者層は日本で言えば、中学生~高校生の子達です。
簡単と思う? しかし、日本人の英語力を考えると、この程度が
優しすぎず、難しすぎない適度なレベルといえます。
会話も多く、日常語彙がまんべんなく入っているのもポイント。

その2)挫折しない
ハリポタは映画化され、テーマパークがオープンするなど、
超有名でストーリーも楽しいので、挫折しにくいと思います。
章を読み終わるたびに、達成感や充実感と自信を得られます。

その3)日本人に合っている
よく「聞き流すだけでいい」とかいう英語教材がありますが、
周囲に英語環境が乏しい日本人には厳しいと言わざるをえません。
日本人には、やはり自分のペースでできる方法が向いています。

どう思われましたか?
ご質問等ありましたら、ご遠慮なくお願いします。


にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ (←にほんブログ村 ランキング参加中)

ご意見ください

今日は、3月にお知らせしました、
「HPEプロジェクト」について重要なお話があります。

お読みいただき、ご面倒ですが、メルマガに返信するか、
ブログにご意見いただけましたら、うれしいです。

では、お話しますね。

HPEプロジェクトは、大好きなハリポタを通じて、
英語力を確実にアップさせようという取り組みです。

このブログやメルマガ上で公開で進めるものではなく、
申し込んでくれた方に現在の状況をお伺いしながら、
やっていく予定でしたが、十分伝わってない?と思います。

なぜ、そのようにしたいのかといいますと、
メルマガやブログというのは、一方通行だからです。

本を読んだり、テレビを見るのと同じで、受け身になり、
「ふーん」で終わってしまいます。

そうなってしまうと、私自身がお話したことを
やらなくなってしまう人がほとんどだと思います。

最初はやる気があっても、仕事や勉強で忙しかったり、
体調が悪くてできない日があって置いていかれると、
あとから追いつくのは、至難の業でしょう。

やらないと、当然ながら、何にも成長しません。

私も、あなたの状況がわからない状態では、人によっては難しく、
人によっては簡単すぎる話になってしまいそうです。

それに、何にも反応がなくては、うまくできているのか、
独りよがりなのかまったくわからず、私自身の情熱も
しぼんでしまいます。

ですから、ハリポタを楽しみたい、英語ができるように
なりたい、もっと自信をつけるにはどうしたらいいんだろう、
そのためには努力は惜しまないぞという気持ちがある人だけに
直接メールなどを通じて双方向でお伝えしたいのです。

すべては、あなたに「できた!」という喜びを
感じてほしいから。

では、ご意見をお待ちしています。

にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ (←にほんブログ村 ランキング参加中)



世界ふしぎ発見!

みなさん、TBSの『世界ふしぎ発見!』という
クイズ番組、ご存じですよね?

私がハリポタにはまるきっかけとなった番組です。
『賢者の石』のロードショーのころでした。
その後も、何回もハリポタを特集してくれています。

きのうも、ハリポタのことを取り上げてくれました。
題して「ハリー・ポッターは終わらない!魔法の世界の秘密」
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20140719/p_1.html

・湖、城、橋などの映画が撮影されたロケ地
・魔除け、ドルイド信仰、占いなどの魔法使い的な文化
・クィディッチをモデルにして誕生したスポーツ
などなど、とてもおもしろかったです。

それから、ハーマイオニーちゃんも出てきました。
いいえ、女優のエマ・ワトソンではありません。
いたってふつうの少女です。

彼女のお父さんと、お母さんは、「ハリポタ」という
共通の趣味をきっかけに出会い、すてきなロマンスを経て
結ばれ、生まれた娘をハーマイオニーと名付けたのです。

けれども、ハリーやロン、ジニーなどの名前とは違い、
「ハーマイオニー」は一般的ではありません。

有名すぎるハリポタの登場人物の名前を付けられて、
コンプレックスを感じたり、いじめられたりしないかと、
心配になりますが、ハーマイオニーちゃんは、
「この名前、とっても大好き!」と、満面の笑みでした。

もう8歳になるそうで、すこしずつ、ハリポタの本を
読み始めたところだそうですよ。

番組で言われていたように、ハリポタはきっと、
世代を超えて読み継がれていくでしょうね。

にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ (←にほんブログ村 ランキング参加中)

日本3位!=QWC

先日お伝えした、クィディッチワールドカップ2014

日本は、3位決定戦でアメリカを330-120で下し、
「銅メダル」を獲得しました。

http://harrypotter.wikia.com/wiki/2014_Quidditch_World_Cup

やったぁ~~!! いやぁ、うれしいですねー♪

ちなみに優勝は、準決勝で日本を破ったブルガリアでした。

でも、結果だけに一喜一憂するのではなく、
上記のページをじっくり読んでみると、とても面白いです。

・予選で何があったのか
・大会が始まる前のゴタゴタ
・開会式で各国チームのマスコットが引き起こした事件
・試合内容やエピソードなどが事細かに描かれています。

日本の前評判は、もともとかなり高かったようで、
山師(賭け事大好き人間)のルード・バグマンによると
そのオッズは4-1(5倍)と、最強でした。

でも、バグマンはlowdown(秘密情報)を持っていると
思い込んで、ブルガリアをとんでもない倍率にしていたので、
気の毒に、また破産でしょうねぇ。

各チームの特徴などは、リンクをたどってみてください。

たとえば、日本の得意技は「ツナミ」と呼ばれ、
さまざまな回転技の動きは武術に影響を受けているとのこと。

スタジアムは、大きな戦国時代の城の一角にあり、
魔法で桜が一年中咲き誇っています。

通常のピッチではなく、優美なアーチ型の木の橋がかかった
鯉の池の上でプレイし、ゴールポストは鳥居の形をしている
んですって。

日本チームは3位決定戦の後、アメリカチームに、
Hoo-hoo(鳳凰?火の鳥の一種)のひなを贈ったそうです

準決勝もそうですが、ローリングさんは、
日本を「がんばりやさんで優しいと」いう感じに、
好意的に描いてくれていますね。

また、決勝戦の模様のところでは、ハリーやロンたちの
ようすも、かいまみることができます。

ハリーの妻、ジニーは日刊預言者新聞のレポーターとして
活躍しているんですね!

にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ (←にほんブログ村 ランキング参加中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。